21AW"Lining Cupro"

21AW"Lining Cupro"

先述のウールシルクのスーツ地と並ぶ、Nobuyuki Matsuiもう一つの定番生地。こちらはコレクションピースのあらゆるところに使用しています。時には何かの裏地として、時にはそのクオリティの高さから表に出して。

"Lining Cupro"

通常、裏地として使用されることの多いキュプラ素材。世界を見渡しても名だたるメゾンブランドも好んで裏地として使用する、謂わば裏地の最高峰。しかし、そのキュプラ生地のほとんどがここ日本で生産されていることはご存知だろうか。

その裏地として非常に優秀なキュプラを、表地にできる程の太番手の糸で織り、更にはブランドネームを同系色のジャガード織で入れたオリジナルファブリック。

コート、ジャケット、スラックス等の裏地に使用していますが、袖通しや足通りの良さは勿論、高級感のあるオーラはこの裏地によるところも大きいかと。

ここまでに裏地に拘ることにも理由があります。

"Peek inside of the garments"

この言葉はブランドオフィシャルのInstagramにも記されているのですが、読んで字の如く洋服の中(=裏)を見てごらんということ。Nobuyuki Matsuiの洋服は裏地をはじめ、裏の使用に非常に拘りを持って製作されている。彼の見てきた本当に良いものを自分の洋服にもしっかりと落とし込んでいる。

それはプロダクトとしての完成度とは別に、その洋服を手にした方に如何に長く着用してもらえるかを考えた結果の物作り。通常、裏というのは見えないものだから手を抜こうと思えばいくらでも抜けるところ。しかしながら彼の手がける洋服は、裏地が高いものになってしまおうと工程が複雑になろうと決して手を抜かない。

その職人気質な物作りの現れの一つにこの裏地がある。裏へのこだわりをより多くの人に見てもらう、理解してもらうことを思って作られたのが"Lining Trousers"

自信を持って製作しているこのライニングを生地として表に出す。それに合わせる様に、自分達の行っている裏の仕立ても表に出す。デザインとしてのインサイドアウトと同時に、プロダクトとしてのインサイドアウト。全ては長く着ることのできる洋服とはどういうものなのかを見てもらう為に。

シーズン毎の製作以上に、定番で作り続けている物にはしっかりとしたコンセプト、洋服作りへのこだわりが詰まっています。実際に着用し続ければわかる、本当の意味で良いものとは何かを教えてくれるアイテムです。

シーズンによりカラーを変えて展開しているアイテムでもあります。今シーズンのカラーリングをぜひこのタイミングで。

 

【関連商品】

Lining Trousers