AW21 "Sable Cashmere Knit"

AW21 "Sable Cashmere Knit"

セーブルという素材を耳にしたことはあるでしょうか。初耳という方も多いことでしょう。

セーブルはテンという動物(イタチの一種)の毛皮、多くの種類がある毛皮の中でも最高級と呼ばれるもの。毛は非常に柔らかく、軽く、そして保温性も高い。そう言った特性を持った素材は数多あれど、実際に触って頂いたり、着用して頂ければその違いに納得して頂けることでしょう。

一般には上記の様に毛皮として使用されるセーブルですが、今回はニットに使用。しかも混紡しているのはカシミヤという贅沢ブレンド。正直、自分自身もこの様な混率のニットは見た事がありませんでした。

シンプルにクオリティーの高さを活かした極上ニットを作るだけでも魅力的ですが、その魅力を更に倍化させたデザイン。ニットを片側だけで製作。上半身は片腕だけ、下半身は片足だけ。この様なニット見たことあるでしょうか。

前出の"Melt Down"シリーズとの繋がりから、本来あるべき部分が溶けてしまったデザインといってもしっくりくるでしょう。勿論そういった意味合いもあるかと思います。

ただ今回のテーマ、"Glue"のもう一つの側面。それがこのアイテム達には表現されているのではないでしょうか。

今回のシーズンではいつも以上に左右非対称のアイテムが多く製作されています。その意図として、パターンを切って貼った様なデザイン、別々のものを鋏で切って、糊で繋げた様なデザインというのがあります。簡単に見えるこのデザインですが、洋服の構造をしっかりと理解したデザイナーだからこそ作り上げられるもの。

その切って、貼ってという着想から生まれたのがこの片方シリーズではないかと。あらゆるトップス、あらゆるパンツにアジャストできるニット。それを着た時には、ニットを切って、別の何かに貼り付けた様な見え方をします。極端に言えば、トップスに関してはコートの上からでも着用可能。

ここまで自由度の高いニットは類を見ないでしょう。謂わば、ニットというよりパーツみたいなもの。物足りない時のとっておきのエッセンスとしてスタイルを昇華してくれるもの。

この遊び心が詰まったアイテムを、最高級の素材で製作するのがこのブランドの真骨頂。プロダクトへの想い、洋服を着ることの楽しさを改めて感じることのできるものになっておりますので、是非ご体感ください。

 

 

【関連商品】


Sable One Side Sleeve


Sable One Side Trousers