AW21 "Wool Washi"

AW21 "Wool Washi"

今シーズンのメインアウター、トレンチコートに使用されているウールと和紙を混紡したファブリック。

和紙を混紡することによるドライなタッチ、着用する毎に出ていく経年変化。男心をくすぐる生地ではないでしょうか。

今回使用しているウールと和紙の糸、これが非常に繊細なもの。そのまま混紡して生地にしたとしても、大変脆く長く着用できないものになってしまう。そこで今回のテーマ"糊=Glue"

糊を使用して糸をコーティングすることにより強度を高める事により、質感は残しつつ生地自体の強度を高めています。これまで染色や糸で糊を表現してきていましたが、生地自体にも糊に関するものを使用。

上記のように、今回はトレンチコートにこの生地を採用。一口にトレンチコートと言ってもそれだけでは終わらせないブランドのパターンメイク。複雑ながら纏まりのある佇まい。

曲線を描く様なフロントのフラップは身頃の脇でマグネット(FIDLOCK)にて留めることのできる仕様。ウェストのレザーコードでウエストの調整が可能、先端には一般的に洋服で使われることのない工業用の部品を熱接着。ボタンは表面の半分を焼いた独特な表情を持つオリジナル水牛ボタンを使用。

キルティングのライナーは取り外し可能、コブラックス製のスナップボタンで高級感を演出。余裕を持たせた身幅により単体、もしくはダウンベストの様に他の洋服の上からの着用も可能。

Macとはまた別の魅力の詰まった一着。是非長く愛用して頂きたい一着となっています。

 

【関連アイテム】

Wool Washi Trench Coat

Pintuck Wader Slacks