AW21"Wool Silk"

AW21"Wool Silk"

定番というものはそのシーズンのものとは違い、数年単位で使用し続けるもの。シーズン毎に作られるものはその時その時の魅力に溢れているが、定番は謂わばそのブランドの顔となる存在。

定番は洋服の形としてだけでは無く、使用している生地にも存在する。Nobuyuki Matsuiでいえばこのウールシルクのスーツ地がそれに当たる。

シルクの混率を微調整し、ウールらしさを損なわず、肌触りの良さと絶妙な高級感に拘ったオリジナルファブリック。100%ウールのそれとは違う表情はこのシルクの配合からなるもの。

今シーズンはこの定番生地を使用して、スラックスを製作。

シルエットのベースは足に沿う様な綺麗なストレートライン。ただ真っ直ぐのラインではなく、人の体に沿う立体感のあるシルエットはブランドならではなパターンメイクと言えるだろう。

今回はウエストポイントにデザインを。覆い被さる二つのベルト。ミリタリーパンツであるグルカパンツにも似たウエストデザインですが、無骨さは一切排除したクリーンな見え方になるのは生地の賜物だろうか。

ウエスト部分とレッグ部分は全く別のパンツ。こういった部分にも今シーズンのテーマ、"Glue"のパターンを切って、貼って繋いでいくといった思想が伺える様な気がしています。

シャツインのスタイルで全体のデザインを活かしていくもよし、ニットやスウェットと合わせてシンプルにスラックスとして履くもよし。着用者によって全く別の表情を見せてくれるアイテム。

是非皆様にもこの良さが伝わって頂ければと思っております。