"Bicolour Pullover"

"Bicolour Pullover"

"質"が良いものとは何だろうか。それは恐らく人によって様々な答えがあるはず。肌触り等の着用感に、使用している素材に、縫製等のテクニックにと考え方は多岐に渡るだろう。その全てが詰まっているものがあるとしたら。それは誰が見ても質の良いものになり得るのではないか。洋服に係るあらゆることを熟知しているからこそ制作することのできるアイテム。定番として伝え続けたい私達にとっての本当に質の良いもの。

"Bicolour Pullover"

見た目には非常にシンプルなツートーンのプルオーバーニット。

まずは素材から。上部はカシミヤ、下部はウールとカラーだけではなく素材も異なるもので構成されたアイテム。更には、カシミヤ部分はミラノリブ、ウール部分は天竺編みと編み方も変えて制作されております。非常に度を詰めて編み、しっかりとした質感になるミラノリブ。通常のカシミヤニットは甘く編無事でカシミヤ特有の柔らかな肌触りを出していますが、その真逆。

一般的に上質なもの、高価なものとされるカシミヤ。度を詰めて編むということは使用する糸の量も勿論増えるということ。大袈裟ではなく、このカシミヤ部分だけでニット一着は編めてしまうかも。着用を重ねる毎に目が開いていき、カシミヤ本来のふわっと柔らかな肌触りをお楽しみ頂ける様になっていくので、つい手に取ってしまうアイテムになるのではないかと。

ウール側は天竺編みでカシミヤ側とは異なり、柔らかな質感に。触ってみるとウールとカシミヤ、逆に感じる方も多いのではないでしょうか。

そして縫製も職人の手作業の工程を入れなくてはならないリンキング縫製で制作。切って縫い合わせるだけのものとは違い、手間も時間もかかる縫製ですが、伸縮性や形崩れといった面において非常に優れた機能性を持つものになります。細かな部分ではありますが、長く着用頂ける様にという想いの伝わる仕様。

左右の袖付けを変えることでデザインとしてのアクセントを。シンプル過ぎても物足りない、逆にデザインを盛り込み過ぎてもデイリーに着用できない。この少しのアクセントがブランドらしい定番たらしめる所以だと感じられるのでは。

 気まぐれにカラー展開を増やしており、色違いでも持っておいて頂きたいと思える秀逸アイテム。次は何色が出て来るのかなんていう楽しみも感じて頂けるのではないでしょうか。

ブランドらしい定番。簡単な様で一番難しいアイテムなのかもしれません。"質"をとことん突き詰めた自信の一着を、是非ご体感頂ければ幸いです。

"Bicolour Pullover(White×White)" 

"Bicolour Pullover(Black×Black)"

"Bicolour Pullover(White×Black)"

"Bicolour Pullover(Light Green×Green)"