"No Collar Jacket"

"No Collar Jacket"

時間をかけて作られたものに魅力を感じるのは何故なのだろう。ただ単純に時間をかけるというわけではなく、自分が目指しているものにする為には時間が掛かってしまうというのが殆どだろうが、そうして長い時間をかけたものには言い表し難い魅力が宿っている様に感じる。

全てのことが便利に、効率的にできる様になった世の中。あえて時間をかけずとも、それなりの物は作れてしまう。ただそれはそれなりの物でしかなく、先に言った魅力というものは感じることができないだろう。感覚的な話なのかもしれないが、洋服にとって感覚は非常に重要な要素。この洋服を見て、何か魅力的に感じると思ってもらえれば。

ノーカラーで仕立てられたジャケット。ジャケットと言えど、堅苦しさはなくブルゾン感覚で着用できるアイテム。

何と言ってもこれはこの生地。旧式織機(ションヘル)を使用して織り上げられたオリジナルジャガード。日本にも現存1,2台という非常に希少な織機。

単に古いから良いという話ではない。生産の効率化が求められる現代において、人の手を殆ど介さず自動で生地を織ることのできる織機が増える一方で、手間と時間かかる旧式織機は衰退。扱う職人によっても、織り上がりが異なるほど扱いの難しい機械は、製品の均一化が図られる現代では居場所を失っていくのも理解できる。

ただこの人の手を介して、時間をかけることでしか出せない風合いというものもある。糸に余計なテンションをかけずに織り上げていく生地には、いい意味での歪さがあり、柔らかく仕上がる。現代の機械ではやはり出すことのできない表情。

前述の通り、そもそも織機自体の数が非常に少ないこと、また職人の手を介して織り上げられる物だが、この織機を扱うことのことのできる職人も少ないことから、製作することのできた生地を極小。メインの生地でありながら生産できた数量も極少量。

ウール、コットン、シルクを混紡した生地には心地の良い艶感がある。嫌味のない、それでいて上品且つどこか古めかしさのある生地感。

直線的なデザインの多い現代において、曲線を多く使用しているのも一つの大きな特徴。前立てや袖口をメインに随所に曲線的なデザインを取り入れブランドらしさを表現。

またテーラードジャケットの芯として使用される毛芯を大胆に表に。さらにハンドステッチを入れ、生地のアナログ感とリンクする様なデザインに。

フロントに入る玉縁ポケット、よく見ると通常のものよりだいぶ細く仕上げられています。この様な一見気付き得ない細かなところにも拘って、丁寧に制作されているのも大きな魅力。

勿論、着用した時の機能面も申し分なし。動かしやすいアームは袖の計算されたパターンに加え、背面に入るアクションプリーツから成るもの。

あえてボタンホールの糸を未処理にすることで、洋服が作られたありのままの姿をイメージ。綺麗に仕立てられた洋服に荒削りに移るそのデザインが絶妙なバランスを生んでいる。

近日中に展開される同生地のパンツとセットで着用しインパクトあるスタイルも良し、個の力が強いアイテムなのでジャケットをメインに据えて他をシンプルに抑えて、際立たせての着用も良し。合わせを楽しんで着用頂きたい。

 

このアイテムに限らず、じっくり時間と手間暇をかけて作られる洋服。その価値を自身の目を通して感じて頂ければ幸いかなと。

"No Collar Jacket(Orange×Green")

"No Collar Jacket(Orange×Navy")