SS22 "Through the curtain"

SS22 "Through the curtain"

いよいよ立ち上がりを迎えた2022SSに先立ってテーマについて少し書いてみようと思います。

タイトルにある様に2022SSのテーマは"Through the curtain"

外出しないことが当たり前となっていた頃。当然家の中で過ごす時間が増えていく中で目に入るカーテンの存在。窓や壁とは違い、はっきりと内外を区画するわけでもない。内とも外とも取れるその存在、カーテンをフィルターにして見た時の世界の曖昧さがコンセプト。プロダクトとして、そして思想的な部分からカーテンという装飾品を掘り下げて洋服として表現。

メインで使用しているファブリックは多くの人がカーテンと言われた時にイメージするであろう、レース生地。オリジナルの柄組みのレース生地は、着る人、見る人によって様々な印象を与える生地。覆い隠す様で全てを隠さない。そのはっきりとしないフィルターに何処か心地よさが感じられる。国籍や性別によって見え方は違えど、確かな格好よさ、そして心地の良さがある。様々な問題を抱えてる世の中に対しての何らかのメッセージをも内包しているかの様。

曖昧に作られた洋服、恐らくこの言葉だけではマイナスのイメージを持たれる方も多いでしょう。確かな物作りをした上で、それでも尚、残される曖昧さ。言葉や写真、そういったもので全てを理解することは難しいことの様に思います。でもそれもまた今回のテーマの一つ、フィルターのかかった中での洋服の見え方なのかもしれない。一つの価値観、確かな答えの中で見るのではなく、自由な感じ方で洋服をご覧頂けたらと思っています。