News

AW21 "Silver Fox Sweat"

AW21 "Silver Fox Sweat"

ブランドとしては珍しい生地使いだろうか。過去を遡ってもほとんど使用してこなかった洋服にはおいては定番とも言える生地"スウェット"。 一口にスウェットと言っても様々な素材が存在する訳だが、今回使用しているのはシルバーフォックス混。通常、高級な毛皮として使用されるシルバーフォックスを贅沢にも混紡したこれまでに見たことのないような素材。ただのスウェットで終わらせないところがなんともブランドらしいところ。 コットンとウールをベースにした裏起毛のスウェットは、しっかりとした密度で保温性も抜群。リブもウールで編み立てることにより、より高い保温性と高級感のある仕上がりに。下手をすれば一般的なニットよりも温かいのではないだろうか。 デザインとしては至ってシンプル。素材を活かした物作りの中に、左右非対称の袖付け、バックに入る曲線ステッチで表情を出したつくり。 今回は私達が運営するEast End Gallery限定でのカラーも展開。染め特有のあみの強いネイビー。リブ部分とボディのコントラストが強く、ツートーンの様な仕上がり。ブランドのテーマカラーがネイビーということもあり、らしさのあるカラーリングになっているのではないでしょうか。 スウェットでありながらスウェットじゃない。着用すればそんな独特の感覚になることでしょう。普通のスウェットに飽きを感じている方、ニットではない秋冬のインナーアイテムをお探しの方に是非手に取って頂きたいアイテムです。   【関連アイテム】 Sweat Shirts

AW21 "Melt Down Knit"

AW21 "Melt Down Knit"

ここ数シーズンで、ニットアイテムの完成度は徐々に高まってきている。 そのシーズンのテーマをしっかりと反映し、具現化されたデザイン。今回もその完成度と実験的な製作で、他のどこにも無いニットが完成した。 "Melt Down"意味としては溶けるといったところだろうか。溶けるイメージのニット、なかなか想像できないのでは無いかと思います。 素材自体はウール100%、上部を見てもらうには何の変哲もない中肉のニット。デザインとしてあげるのであれば、左右で異なる袖付けをしている事ぐらいか。 このニットの溶ける、それは裾にかけてをご覧頂ければ理解できるであろう。裾に向かって厚さの強弱ついていくと共に、所々にダメージにも似た空白ができている。この模様とも呼べる編みに溶けるという概念が詰まっている。 実はこの下部の編み立て、水溶性の白い糸を同時に編み込み、完成した後、それを水で溶かすことによってできたもの。ホームページの動画はAW21のインスタレーションの様子をまとめたものだが、実際にモデルに着用させながら溶ける部分に水を掛けて溶かしていっている。動画では縮むようなイメージになっているが、最終的には全て溶けて黒い部分だけが残っていく。 水溶性の糸も端的に言えば素材は糊。正に今シーズンのテーマが具現化されているのではないだろうか。完成したものそのものにというよりは、洋服を作るプロセスにテーマを組み込んでいく。 デザインが先行するわけではなく、あくまでもその物ができるストーリー性、コンセプトに重きを置いた物作り。ある種では職人の拘りによく似たものかもしれないですね。 唯一無二のニットが製作できていると思います。是非ご覧下さいませ。   【関連アイテム】 Melt Down Pullover Melt Down Cardigan

AW21 "Sable Cashmere Knit"

AW21 "Sable Cashmere Knit"

セーブルという素材を耳にしたことはあるでしょうか。初耳という方も多いことでしょう。 セーブルはテンという動物(イタチの一種)の毛皮、多くの種類がある毛皮の中でも最高級と呼ばれるもの。毛は非常に柔らかく、軽く、そして保温性も高い。そう言った特性を持った素材は数多あれど、実際に触って頂いたり、着用して頂ければその違いに納得して頂けることでしょう。 一般には上記の様に毛皮として使用されるセーブルですが、今回はニットに使用。しかも混紡しているのはカシミヤという贅沢ブレンド。正直、自分自身もこの様な混率のニットは見た事がありませんでした。 シンプルにクオリティーの高さを活かした極上ニットを作るだけでも魅力的ですが、その魅力を更に倍化させたデザイン。ニットを片側だけで製作。上半身は片腕だけ、下半身は片足だけ。この様なニット見たことあるでしょうか。 前出の"Melt Down"シリーズとの繋がりから、本来あるべき部分が溶けてしまったデザインといってもしっくりくるでしょう。勿論そういった意味合いもあるかと思います。 ただ今回のテーマ、"Glue"のもう一つの側面。それがこのアイテム達には表現されているのではないでしょうか。 今回のシーズンではいつも以上に左右非対称のアイテムが多く製作されています。その意図として、パターンを切って貼った様なデザイン、別々のものを鋏で切って、糊で繋げた様なデザインというのがあります。簡単に見えるこのデザインですが、洋服の構造をしっかりと理解したデザイナーだからこそ作り上げられるもの。 その切って、貼ってという着想から生まれたのがこの片方シリーズではないかと。あらゆるトップス、あらゆるパンツにアジャストできるニット。それを着た時には、ニットを切って、別の何かに貼り付けた様な見え方をします。極端に言えば、トップスに関してはコートの上からでも着用可能。 ここまで自由度の高いニットは類を見ないでしょう。謂わば、ニットというよりパーツみたいなもの。物足りない時のとっておきのエッセンスとしてスタイルを昇華してくれるもの。 この遊び心が詰まったアイテムを、最高級の素材で製作するのがこのブランドの真骨頂。プロダクトへの想い、洋服を着ることの楽しさを改めて感じることのできるものになっておりますので、是非ご体感ください。     【関連商品】 Sable One Side Sleeve Sable One Side Trousers   

AW21 "Super160s Wool"

AW21 "Super160s Wool"

各コレクション毎にそのシーズンを象徴するオリジナルファブリックを製作している。今回のコレクションにおいてはこの生地がそれに当てはまるだろう。 "Super160s Wool" 生地はウール100%、Super160sのウールを糸から引いてオリジナルで織り上げたライトメルトン素材。特にホワイトカラーは染色することなく、糸そのものの色を活かしたナチュラルな仕上がり。メルトンでホワイト、殆どご覧頂く機会も無いのではないでしょうか。 ブラックもまた良い仕上がり。漆黒ではなく、フェードがかかった様な墨黒に近いイメージでしょうか。染めの入り方が場所によって異なる為、一つとして同じ物はない一点物感覚をお楽しみ頂けます。 この生地だけでも極上ではありますが、更に今回は一歩先へ。AW21のテーマである"Glue=糊"を染めで表現。 それが”刷り剥がし(すりはがし)捺染” 日本伝統の染色方法の一つであるこの染め方ですが、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。恐らく着物の柄出しに使われることが多いのかと。 刷り剥がしはプリント台に糊で柄を描き、その柄を生地に写し取る手法。イメージ的には版画とかに近いのでしょうか。天候などの条件に左右される為、長年の経験と高い技術を持った職人のみができる希少な染色方法。 よく見ても何の柄なのか想像することもできないようなこの柄。実はアトリエを移転する際に、デザイナー本人が内装も担当し、その際、壁をペンキで塗っている時にできた跡。その後ができる様子を動画に収め、柄として再現してもらったもの。だから何柄でもない、正真正銘のオリジナル。 作られる洋服一つ一つにはストーリーがある。作り手の想いと拘り、そして物語の詰まったアイテムを是非ご覧下さい。   【関連アイテム】 Super160s Wool Trench Coat   Mac Zip up Blouson